ヒアリを見つけるのにも海外の知恵と知識を学びたい

 今年は猛暑のせいか虫が少なく,例年に比べると特に蚊があまり飛んでいません。家の近くを見ると蜂も少ないように感じます。
やはり虫にも暑さは堪えるのでどこかに隠れているのか生きていないのか,どちらにせよ虫にも猛暑は生活するのに過酷な条件なのでしょう。
 最近ヒアリが話題になっていますが,南米産のヒアリにとっては暑い地域は生存に適しているのでしょうか。
水際のみならず内陸部でも発見されている事を考えると,話題になる以前から上陸していた可能性があります。
 世界でも懸念されているヒアリですから,生態系についてもデータが集まっているかもしれません。
生態系を知る事で生息できる地域を絞り込んでいくヒントになるわけですから,駆除の目安にもなり得ると思います。
この猛暑のなかで地道に生息確認をされている各職員の方は,本当にご苦労様だと思います。
 少しでも探し出すポイントがわかれば効率よく探し出すことも可能でしょうから,学術的な知恵と知識を海外から学ぶ事も必要でしょう。全身脱毛 回数

おとなの塗り絵やパズル塗り絵を塗ることがハマった

きっかけは、私が自律神経失調症なので、姉が自律神経失調症に効く塗り絵というのを買ってきてくれた事からです。長い間使ってなかった色鉛筆を取り出してきました。今、考えるとこれはこれで楽しかったのですが、どの色を塗ればいいか悩んでしまい、あまり進みませんでした。ある日、私が本屋に行くと、パズル塗り絵というのがありました。これは、パズル風になっていて、色も決まっているので悩む事もないので、とても楽しくて、今は2冊めを色鉛筆で塗っています。インスタで、パズル塗り絵で検索するとたくさんの人がやっておられて、色鉛筆だけじゃなくて、サインペンや水彩色鉛筆や絵の具で塗っておられる事を知りました。それからは、私もサインペンや水彩色鉛筆で塗り始めて、とても楽しいです。出来上がったらインスタにアップするといいねもしてもらえるし、フォロワーさんも増えました。これからはディズニーなどのも売ってるのでぜひ塗ってみたいなあと思っています。

艦船模型 プラモデル製作 1/700雪風その6

 ようやく待っていた追加のエッチングパーツが届いたので艦橋とリノリウム押さえの工作を再開します。艦橋へのジャッキステー装着から始めたのですが、これがまた難しい。極細のパーツを、艦橋部品にたいしていわゆる芋付けしなければならないので、場所が決まらないし、固着するまでにちょっとさわっただけですぐに外れる、歪むの繰り返し。作業に慣れるまでかなりのやりなおしが必要でした。リノリウム押さえについては、線ではなくて平板状のパーツになったため、作業のし易さは格段のアップです。少し気になるのはオーバースケールな点。エッチングパーツの幅は約0.2�o程度あるのですが、1/700サイズであることを考慮すると実機では140�oに相当します。実際のリノリウム押さえは40�o幅程度とのことですので3倍以上になってますね。今回は私のテクニック不足でこの程度が限界ですが、自作以降はもっと細かな工作に再トライしたいところです。
 しかしこれでかなりの部分の製作がすすみましたので、次回は武装の製作に進みたいと思います。