Aiについて考え、誰が一番、得をするのかを考えてみた。

人工知能、Aiの研究が進んでいます。ひと月の間に、人工知能の新しい話題が何件も見るようになりました。今の生活に、人工知能のロボットが導入されるのは、もはや時間の問題かと思います。このAiが注目されて、まず話題になったことが「Aiによって、なくなる職種」というものでした。窓口業務、保険の見直しなど事務的作業が挙げられていましたが、今現在、該当職種に就かれている方はたまったものではないと思います。Aiのニュースが出る度、なくなる職種の幅が広がっているのではないかと私は気になっているのですが、仕事を奪われない人はAi導入によって生活のスピードが上がる、面倒な手続きが迅速に行われることに大賛成かと思われます。仕事を奪われた人は一体どうなるのだろう?失業者がどれだけ増えてしまうのだろう?そんなことを考えた私は、「Ai導入が人間の生活を豊かにすることはない」という結論に至りました。住みやすい世の中にはならず、生活に困る人が増えるだけなのではないか?人間と人間でやり取りしていたことがなくなることで、温かみなどを感じない、サービスなどの人情味溢れるものがなくなる、全てが事務的な世の中になってしまうと思うのです。ではAi導入で一番得をするのは誰か?それは潰れる心配のない会社の経営者さんでしょう。Ai導入によって、人件費がなくなり、残業などを気にせず、Aiにやらせておけば良いのですから利益がうなぎ上りです。どれくらい後にAiが普及する世の中になるか分かりませんが、私はあまり歓迎しないです。