日本の歴史を学んで、同じ過ちを繰り返すなというのは妄想

ポアロシリーズは、基本的に戦前の話かつ英国を中心に作られているわけですから、戦争を直接書いたものではありません。しかしながら逆にこういう戦前の架空の物語ではあってもその時代の雰囲気とそれにつながる歴史を勉強できる。
もちろん、歴史を学ぶといったことを目的としているわけではなく、エンターテインメントとして見ているわけであるが、こういうことってよくあるし、それがあまりにも日本悪い論みたいな歴史を学ぶよりよっぽど役に立つと思う。
まず、日本の戦争体験というのはほとんどというか全く役に立たないと自分は思っている。よく、この思想は、この人は戦前に戻すような危険なものだという人がいてもそれはありえないし、あったとしてもそれは別の形のはずなんだ。戦前の日本に戻ることはないし、戻れないし、誰もそれを望んではいないから…。
99.9%の日本人が、大陸に出て行って領土がほしいか?って質問にはどれだけ右に偏った思想の持主でもそんなものいらんというのがほとんどですしね。